陸の孤島に舞い戻った流浪の日記ブログ

にっき

胃腸を鍛えたいのだが

どーもどーも。つきあい残業天使・めめとは私のことだ。

 

はよ帰りたいわ。提出物が提出されるのを待つ仕事です。

 

 

さて、先日お伝えした、私の胃腸の老化。

 


ラーメンが食べられない - 1984

 

 

昨日、決定的なものとなりました。

 

 

 

あんまり寒いので、夫と待ち合わせて、もつ鍋を食べにいったんすわ。

 

家の近くの「博多もつ鍋」の専門店が気になっていたもので。

 

 

美味しいよね。もつ鍋。

 

 

私、上京してから初めて食べたんだけど、ホルモン好きにはたまらんです。

 

そこの、もつ鍋もちゃんとぷりぷりのやつでニンニクたっぷりでおいしかったんだけど、座っているところからなんだか嫌な予感。

 

 

帰り道、荒れ狂う嵐の渚に漂う一隻の小舟のごとし、私のお腹。

 

もちろん、玄関開けたら即トイレですわ。

 

 

私、ジャスサーだけど、一応女性なんだが。

 

まあ、いいや。

 

 

で、次の日の朝も若干お腹痛かったわよ。

 

もう、かなりの確率で「油」が分解できない私の胃腸なのです。

 

 

ショックである

 

 

ショックすぎる

 

 

ショックであることの

 

 

つまり……ショック!!

 

 

なんでこんなにショックを受けているのかというと、私の一つの夢は、世界中の食べ物を食べるために世界一周旅行をすることなんですわ。

 

もうちょっと、余裕ができたら行きたいと思い、せっせと小金をためて、老後の楽しみにしようと。。。

 

 

なのに。なのに。ヨヨ。

 

一番大切な胃腸からまさか老化していくなんて。

 

 

やはり、夢を実現するためには、心技体!健康でなくてはいけない。

 

体力をつけるためには運動を、心を磨くためには善行を、日々の努力で積み重ねなくてはならぬ。

 

 

では、胃腸を鍛えるためにはどうしたらいいのか!?

 

 

…と思い、ちょっと調べてみたけれど、

 

 

「お腹の調子にあった食事をする」

 

「腹巻をする」

 

 

など、鍛えて腹痛を起こさないようにする方法はなかなかない模様。

 

 

一番こたえになってると思ったのは、体を鍛えて、血流を良くすること。

 

 

らしいんだけど、体のどこを鍛えたらいいのさ。

 

 

お腹?腹筋?全体??

 

 

もう、わからん。ちょっとマジ本気で胃腸を鍛えることとするので、方法を調べてみるわ。

 

-にっき

© 2020 めめにっき(にっきじR)