にっき

やらないことを決めた

英語のリスニングで毎日10回は聴いている「マット・カッツ: 30日間チャレンジ」。

 


TED日本語 - マット・カッツ: 30日間チャレンジ | デジタルキャスト

 

ざっくりというと、「ずっとやろうと思っていたけど、なかなかできないことは習慣化してしまいましょう。30日無理矢理にでも続けることで、人は変われます」みたいな話。

 

英語を勉強するつもりで聞きはじめたのですが、毎日毎日聴き続けるうちに、すっかり洗脳されてしまい、ブログを30日連続で更新してみようという「30日チャレンジ」を今まさにやっているところなのです。

 

 

 

しかし、無理矢理にでもやらなきゃいけないとなると、私の一日の中でかなり優先順位の高い位置にこのブログの更新が入ってきているわけです。

 

そうなると、優先順位の低いものは必然的にやらないことを選ばなくてはいけない。

 

やらなくてもいいこと、やらないことをやってしまうと、ブログが書けない。

 

ブログが書けないと、私がご飯の次に楽しみにしている睡眠の時間がどんどん圧迫されてしまうのです。

 

 

そんなわけで、やらないことを決めてみました。

 


ティム・フェリスが教える「やらないことリスト」に入れるべき9つの悪習慣 | ライフハッカー[日本版]

 

賢そうな外国の方の、ありがたい助言などを参考にしようと思ったのですが、仕事がものすごくできる人用みたいだった。うーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の「やらないこと」の選び方

 

 

    1. 「やりたいこと」をするために「やらなくていいこと」を避ける

 

    1. ストレスが溜まることを避ける

 

    1. やってみたけど、やっぱり無駄とか、必要ないと思ったことをやめる

 

 

主にこの3点に集約して選んでみた。

 

まー、備忘録的なものだから、参考にならないよ。

 

 

必要以上に目覚ましを早くかけること

 

予定もないのに早く起きれた試しがありません。気が向けば早く起きられます。

 

朝ゴミを出すこと

 

夜出しても問題ない。

 

毎朝出し忘れ続けて玄関が袋だらけになったことがある。

 

満員電車に乗って出かけること

 

とにかくしんどい。いろいろと。

 

私も嫌なら、他の人も嫌だろう。

 

のっぴきならない事情で乗っている人にゆずるとして、私は空いている電車で出かけます。選べるしね。

 

苦手な人と仲良くしようとすること

 

どうしても嫌な人には近づかない。もう無理なものは無理なのだ。

 

やりたくないことを後回しにすること

 

面倒なことほど早めにやる。意外とすんなり進む。

 

ちなみに、私は電話をするのが苦手なのだけれど、いつもさっさと電話をかけろと思う。

 

必要以上に細かい家計簿をつける

 

ニンジンがいくらかよりも、どこにお金をかけているかが大事。凝り性の私は、毎週末に1時間半もかけて家計簿をつけていたのでした。アホー。

 

営業時間外にメールを送ること

 

お互いにいいことがないから。

 

会社に「今日は終電までいます」と先方に言っちゃう人がいるんだけど、本当にやめてほしい。

 

今日中に仕上げる必要がないのに、どうしてそういうことするのか疑問。

 

帰ってすぐにテレビをつける

 

そうすると、20分は動きません。下手すると1時間ご飯したくができません。

 

夫の帰りを待ってごはんを一緒にたべる

 

夫よ、すまぬ。これで私は3キロ太りました。

 

休みの日に「やりたいこと」を集約させる

 

 集めすぎると何からやっていいかわからなくなり、結局なにも進まないから。

 

1日起きたままの状態で過ごす

 

 私はものぐさなので1ヶ月に1回はやりがち。

 

起きたままの姿で過ごしていると、確実にパジャマにやる気を吸い取られます。間違いなく。

 

 

 

今のところはこれくらいなものですかね。

 

また、年末にでも反省会をしましょうかね。

 

 

-にっき

© 2020 にっきじR(めめにっき)