にっき

雪面のトビウオ

f:id:mogmogmogtan:20160915223554j:plain

 

たーんまり、たーんまり、雪が降ったので、

 

首都圏大混乱

 

ラシイデスヨネー

 

(´ε` )

 

冬の道民あるあるトップ3にもなっている

 

「このくらいの降雪で騒ぐでねぇ!」という気持ち。

 

今年は生まれませんでした。

 

まぁ、しかたないよねー。一年に一回積もるか積もらないかなんだから。

 

しかも、今回はかなり積もりましたので、みなさまお足元には十分にお気をつけください。

 

ツルツルの路面を前にすると、道民は度々聞かれることがあります。

 

それは、

 

「どのようにすれば、滑らずに歩けるのか」ということ。

 

まぁ、いつも以上に気をつける。そーっと歩く以上のことは言えないわけなのですが。

 

そもそも、道民の冬は靴選びから始まるといっても過言ではない。

 

北国の靴に対する考え方は、ほとんど車のタイヤ。夏と冬に同じ靴を履くことはない。

 

靴屋のお姉さんは冬場になるとオシャレさよりも、いかにすべりにくく、温かいかをアピールして靴を売る。(経験談)

 

そして、「これってー、ちゃんと防水加工もしてるんですよー!」と、とどめをさす。

 

冬靴にはブーツや長靴だけでなく、スノトレも忘れてはならない。

 

かの有名な「雪面のトビウオ(大泉洋さん着)」。あれはスノトレですからね。

 

ワタクシ、こちらてはスノトレという存在すらないことに驚きましたよ。

 

秋の恒例行事、タイヤ交換がないのを知った時とくらいカルチャーショックを受けたものです。

 

スノートレッキングシューズ。略してスノトレ。

 

出し入れできるスパイクは、全少年少女のAKOGARE!!

 

( ´Д`)=3

 

こうふんしすぎた。

 

何が言いたいかっていうと、雪面を上手に歩くためには、経験も必要だけど、それよりも大切なのは、秋口からの入念な靴選びってことだよね。

 

だから、北国生まれの皆さん。(特に朝のテレビの秋田県出身の人)

 

東京は雪に弱すぎなんて責めないでください。その前段階から全然違うのです。

 

極端な話、それはハワイの人にダウン買えって言ってるようなもんです。(これは言い過ぎか)

 

 

 

それにしても、あんよがつめたーい。・゜・(ノД`)・゜・。

 

-にっき

© 2020 にっきじR(めめにっき)