陸の孤島に舞い戻った流浪の日記ブログ

にっき そのた

県境の民

育った街はどんなところ? ブログネタ:育った街はどんなところ? 参加中
本文はここから
実家ってどこ??

 

と、問われれば

 

「札幌ですー」

 

と、答える。

 

 

どこで育ったのか

 

と、問われれば

 

「北海道ですー」

 

と、答える。

 

なぜか?

 

と、問われれば

 

転勤族で3年おきに引っ越していたから。

 

 

 

実家の建物とか周りの風景とか
幼馴染とか親戚とかが思い出されそうなものですが、

 

3年ごとに引っ越していたので

 

北海道全体的に郷土愛と郷愁の念はあるものの

 

個別の土地とか、建物とかにはあんまりこだわりが無いのが事実。

 

実際、実家のワタクシの部屋はもうありません。(リフォームしちゃったので)

 

それが悲しいかと言われれば、特に悲しくもなく、

 

実家に帰ったときに、親と同じ部屋で寝るのはめんどくさいなぁと思うくらいなのです。

 

 

 

ワタクシの実家は某シティと某シティの間にある某区なのですが、

 

本当に本当にすごい。

 

地図上で見ると

 

隣の区←道路→実家←道路→隣の市

 

くらいの、市境の土地に立っている。

 

ちなみに東京に出てきてから初めて住んだのは

 

 

 

橋本

 

(´ε`;)ウーン…ドコソレ

 

って言う人も多いでしょ。

 

最近では開発が進んでいて、だいぶ流行っているようですが

 

住所は

 

神奈川県相模原市橋本!
(ワタクシが住んでいた時は政令指定都市ではありませんでした)

 

そう。神奈川県民だったのです。

 

母はきっと

 

「長女は東京に出て働いております」

 

と、周りの人に言っていたのだろうな。

 

でも、この橋本も

 

多摩境(町田市)→橋本(相模原市)→相原(八王子市)

 

地図上で見るとこんな感じで、

 

いや!東京だしっっ!q( ゚д゚)pブーブーブー

 

と、言えば無理やり東京になりそうな

 

県境の地

 

だったのです。

 

そして、次に住んだのも

 

狛江市←多摩川→家(川崎市多摩区)

 

県境の地!

 

そして

 

現在、ようやく東京都民になれました。上京5年目のことでした。

 

しかし、23区からちょっとはみ出たところに住んでいます。

 

人はなぜ!?

 

なぜ、県境に住んでしまうのか?
(ワタクシだけかもしれませんが)

 

それは、

 

家賃が安い割りに

 

 

 

便利だからです。

 

ド━(゚Д゚)━ン!!

 

 

 

“東京都”という冠がなければ

 

安い!

 

駅だと1駅しか違わないのに!

 

“人気の駅”の隣の駅は

 

ちょっと安い!

 

徒歩10分で人気の駅にいけるぞ!

 

さぁ、これから東京にくる皆さん!

 

吉祥寺ではなく

 

三鷹とか、なんなら武蔵境にしなよ!

 

下北沢ではなく

 

東北沢とか、なんなら梅が丘にしなよ!

 

ちなみに、吉祥寺も下北沢も
休日はものすごく人が多くて
平和な日常を好む田舎モノにはつらいデスヨ。

 

 

 

というわけで、田舎モノが東京出るなら

 

23区外の郊外がオススメダヨ!

 

電車で30分くらいダヨ!

 

JUSCOもアルアルヨ!

 

ジャスコー!
(今回もジャスコ終わりで失礼します。ジャスコに育てられたと言う結論にしてください。)

 

-にっき, そのた

© 2020 めめにっき(にっきじR)