にっき

すし

うちの母親はすしが好きだ。

実家が魚屋だったからというのもあるだろうが、

お父さんと結婚してなかったら
おすし屋さんのお嫁さんになりたかったわ

と、な。

遺伝か環境かはわからないが、

かくいうワタクシもすしが死ぬほど好きだ。

3食すしでもかまわない。
たまごとか、かっぱ巻きとか、肉のせとか言語道断。
すしがいいのだ。

文明のなせる業か、
家にいながらすしが食える
徒歩圏内に回るリーズナブルなすし屋がある。

昨日の夜も、今日の夜もすし。

ただし高い。

なぜ、コメに魚を切ってのせるだけなのに
あんなに高いのか。

一皿でぽてち一袋買えちゃうじゃん!

どうでもいい話だが、現住のアパート初の夏到来。

昨年はもう秋に差し掛かっているところでの入居だったので
わからないことがいろいろおきている。

まず、暑いので窓を開放しておいているのだが

日曜の夜にはなまめかしい声が聞こえ(多分上の階)
木曜の公休日にはなぞの長唄(民謡風。女性)
昼間には、庭先になぞのおばあちゃんが出現し、
気づいたときには家庭菜園が出来上がっていた。
おそらくきゅうりと思われる植物は、うちのベランダに差し掛からん勢いで成長中。

川崎…カオス!

-にっき

© 2020 にっきじR(めめにっき)